カテゴリー別アーカイブ: グループ統括:MARU

むちむち

maru3

 

こんにちは MARUです^^

 

昨晩、NEWS ZERO を何気なく見ていたら

ある重大なことに気が付きました。

 

それは 新元号が変わるのは 5月1日から だということ です。

 

恥ずかしながら!

新元号が発表されたその時から

もう既に新元号に変わったものだと 大きな勘違いしておりました><

 

さんざんニュースやらで目にして耳にしていた内容にもかかわらず

なぜ今の今まで気が付かなかったのか・・・

vewotsk000083

 

隣にいるワイフに

「完全に勘違いしてた!知ってた??」と聞いたところ

『え?知らなかったの(笑)』と嘲笑されました。

と、その瞬間

「やべぇ!数日前にブログに新元号について書いてしまった!」

と思い出し、

大慌てで 数日前のブログを非公開にして

内容を修正させて頂きました><

 

ちなみに、コレって僕だけ?!

同じような人は世の中にいないのかな??

と気になってネット検索してみましたが

同じような勘違いをした人がまぁまぁいたみたいで  ちょっとだけ安心しました^^;

 

昨夜はここ数年で一番 顔を赤くした日かもしれません^^;

「無知の知」と、前向きに捉えたいと思います!

 

無知の知-212x300

【スタッフ求人】神対応

内勤募集

 

神対応 という言葉がありますよね。

 

 

良くも悪くもない 普通の対応のお店よりも

例えトラブルが起こったとしても、そこで神対応してくれたお店の方が

印象に残って、以前よりも好きになってしまう

 

なんてこと、ありませんか???

まさに神対応で 

ピンチをチャンスに変えた ワケです^^

 

 

お客様ありきの接客業におきましては

親切で丁寧な対応は当たりまえ!

(上から目線のお店も存在しますが…^^;)

トラブルの無いお店はありませんし

トラブルが起こった場合に お店としての真価が問われます。

どう対応するのか・・・ 

その対応は お店によって差があると思います。

 

 

トラブルによって

お客様が離れてしまう事もあれば 

逆に 

お客様との絆がより深まる事もあります。

 

 

『わたし、ピンチをチャンスに変えたこと ありますよ!!』

という そこのアナタ!!!

 

 

お店をお探しでしたら

当コマダムグループで働いてみませんか??

是非ともお問い合わせください^^

 

⇒お問い合わせ はコチラまで^^

 

アナタからのお問い合わせ お待ちしております^^

 

maru

【スタッフ求人】失敗なんのその

内勤募集

 

コマダムグループは随時

「失敗を恐れない チャレンジ精神旺盛なスタッフ」を募集しております^^

 

失敗せずして成長&成功できる天才はこの世の中で一握り。

どんな成功者も そのほとんどの人が必ず

大きな失敗を乗り越えて成長しております。

 

仕事におきましては

小さな失敗から大きな失敗もありますが

コマダムグループでは 寧ろ どんな失敗にせよ

「どんどん失敗してほしい!」 と考えております。

失敗を推奨するワケではありませんよ(笑)

失敗しても良いから、どんどんチャレンジしてほしい という意味です^^

 

 

失敗する事で 失うものより得る(学ぶ)事のほうが大きいからです。

また

失敗を経験したスタッフは 

ピンチをチャンスに変える 事のできるスタッフへと成長するからです。

 

 

ですから

コマダムグループにおきましては

失敗して 激怒される なんて事は絶対にありません。

その失敗が なぜ起こったのか 原因の根っこを一緒に考え

その失敗が なるべく再発しないよう対策をこうじます。

例え その失敗が繰り返されたとしても

昨日よりも今日 今日よりも明日 が前進できるように

その失敗が少しずつでも改善されるように

一緒になって考え、暖かい目で見守り続けます^^

 

 

こうして失敗と改善を繰り返すうちに

他のスタッフの失敗さえも

上手にカバーし 上手にフォローできるようになり

ピンチをチャンスに変えるスタッフへと成長する・・・

 

 

 

 

アナタのその

失敗を恐れない チャレンジ精神旺盛な姿勢 を

当コマダムグループで 発揮してみませんか??

 

少しでも興味がありましたら

是非ともお問い合わせください^^

アナタからのご連絡を お待ちしております!

 

⇒お問い合わせ はコチラ^^

 

 

maru

当たり前を当たり前と思わない

maru

 

こんにちは MARUです^^

 

先日、某クイズ番組を見ておりました。

確か・・・ 頭の良い大学か高校の一般の人達が

スタジオで難問に回答するクイズ番組だったかと思いますが。

 

その番組を見ていて 優秀な人達は流石だな と 

感心させられる事を耳にしたんです。

 

 

しりとり についてなのですが・・・

 

 

優秀な人達が しりとり をやると 

最後に  がついても、しりとりが終わらないんだそうです^^

 

 

普通は  を言ったら 負け ですよね?

 

 

でも 優秀な人達って ここで負けまいと

ん から始まる言葉は 何かないのか!と 考えて 

続けようとするワケなんですね~ 流石!

遊びでも 手を抜かない

何時も常に 頭がフル回転してるんですね。

 

 から始まる言葉は 例えば

 

 

ンジンガ・ンベンバ(コンゴ王国で、1506年に王になった人)

ンゴロンゴロ保全地域(タンザニアの北部にある自然保護地域)

ンデベレ族(アフリカのとある民族)

ンビラ(楽器名)

ンドレ(料理名)

・・・

 

探せば結構あるみたいです^^

定められたルールにとらわれない自由な発想  素敵です!

 

 

 

日常に溢れている

誰もが疑わないような 当たり前になっている事。

それは本当に

正しいのでしょうか?

最良なのでしょうか? 

もしかしたら アナタも 納得のいかないまま

なんとなくルールに従っている事があるかもしれません。

 

 

アナタの頭の中によぎった 「?」 をスルーせずに

なぜ正しいと言われているのか?

なぜ最良だと言われているのか?

を自分が納得いくまで考えて、理解して把握することで

意味も考えずに当たり前にこなしていた日常の行動が

意味のある重要な行動に変わるかもしれません。

そうなれば、その行動は必ず

アナタにとってプラス利益をもたらすモノとなるハズですよ^^ 

 

 

コマダムグループ は

アナタの明るい未来のために頑張るアナタを

心から応援します!

 

電話で聞いてみる ⇒ 0120-911-971

MAILで質問してみる ⇒ コチラをクリック!

WEBから応募 ⇒ コチラをクリック! 

 

 

苦手な存在

MARUです^^

僕には G:ゴキブリ と同じく  苦手な存在  があります。

 

この時期の セミ です。

yjimage

この時期のセミは  弱りに弱っていて

力尽きて 飛べなくなっているセミは まだマシですが

一番やっかいなのが

弱りに弱っているけど 飛べてしまう状態のセミ です。

 

方向感覚を一切失ってしまったような

ランダムで ハチャメチャな飛行。

恐怖です。

 

自宅玄関の手前で飛び回っている時なんか最悪です。

そんな時は

大縄跳びの中に 飛び込んでいくかのように

タイミングを見計らって 玄関に突入します。

その結果

 

焦っているから鍵がうまくささらない

⇒セミが体当たりしてくる 

⇒恥ずかしい声で絶叫 

⇒家族が「何があったの?!」と心配して出迎える

コレ、実際に起こったハナシなのですが・・・^^;

 

昆虫も苦手なうえに、

ソレが想定外の動きをするから更に苦手なのです。

605

 

自分が把握できない 想定外の動きをするもの が苦手なのは

人間であれば みなさん共通の事なのではないでしょうか??
 
 
例えば、人で言いますと
 
自分の言うことを聞いてくれない人
自分の思い通りにならない異性(恋愛など)
自分の理解できない指示を出してくる上司
自分はちゃんと仕事しているのに、それでもダメ出ししてくる人
 
アナタはこういう人に 出会ったことはありませんか??
 
大抵の人は こういう人 を苦手と意識して
接触をなるべく避けるようになります。
心地よく生きていく上で、コレも一つの選択肢としては良いでしょう。
 
しかし、こういう人達との出会いは
自分を成長させてくれる絶好の機会でもある と思うのです。
 
 
「自分にも原因があるのでは??」
「なぜこんな事を言ってきたのか。相手側の立場になって考えてみようかな」
 
 
ちょっとだけ立ち止まって よくよく冷静に考えてみると
 
自分側に原因があったり
相手が自分のために好意で指摘してくれた事が判明したり
 
意外な事がわかって、自分の内なる心の成長に繋がる事があるんです。
アナタが変われば 相手も変わります。
逆に言えば
アナタが変わらないと 相手も変わりません。
 
 
万が一、アナタが仕事をしていて
お客様から理解できないクレームがあったり
お店側から理解できない指摘を受けたら
ソレはもしかしたら 自分が成長できる機会かもしれません。
ちょっとだけ 立ち止まって
考えてみると 面白い発見があるかもしれませんよ^^
 
 
個人的には 仕事 よりも
恋愛 が一番 人を成長させると 感じております。
相手を自分に振り向かせる為に 頭をつかって必死で考えると
最終的には 自分が変わる という選択肢に行き着く事が多いですから(笑)
 
だから
 
どんどん
 
恋愛しましょう!  ※既婚者以外でね
 

募集に無関係の
質問も大歓迎です^^

こんにちは MARUです。

求人募集メールで

ある女性からお問い合わせを受けました。

応募ではなく質問メールです。

 

「今、在籍しているお店は待機室でイジメがあります。
イジメを止めさせるにはどうすれば良いでしょうか?」

当店には、

面接・入店希望のメールとは別に

こういった質問 が来ることがあります。

 

当店のブログを見てくれた女性からが多いのですが

こういった質問にも、喜んでお答えしております^^

◆CP◆2

 

【イジメを止めさせるには、どうすれば良いか?】

この質問に対する返答ですが、シンプルで簡単です。

 

答えは、

「イジメは止まらない すぐにお店を変えるべし」

です。

答えにはなっていませんね(汗)

ただのアドバイスになっていますが。

 

お店のスタッフが変わらない限り、イジメは止まらないと思います。

そして、もしイジメの主犯がいなくなったとしても、また新たな主犯が生まれると思います。

お店の姿勢や環境が変わらない限り、このデススパイラスは続くでしょう!

たいがい、イジメがはびこるお店のスタッフは

「悪い芽」に気付いても見て見ぬふりをします。

「悪い芽」だと気付いた時点で摘んでおけば、大事には至らないのですが

「悪い芽」を摘むにも、かなりのエネルギーを要します

ですから、見て見ぬフリをするのです。

 

お店の姿勢や環境は、スタッフ次第で変わります。

ですから、スタッフが変わらないのであれば、そこに

一女性がエネルギーを注ぐのは無駄です。

お店は他にもたくさんあるのですから、すぐにお店を変える事をオススメします!

ちなみに、この質問の正しい答えは、

「内勤スタッフ責任者とイジメ主犯を辞めさせる」ですが

それは一女性には 無理ですよね??

ですから

「イジメは止まらない すぐにお店を変えるべし」

とお答えしました。

 

このような事からも、僕がいつも唱えている極論に辿り着きます。

【お店は、運営スタッフの質で選ぶべし!】

です。

 

PS:

この質問でやりとりした女性は、

このメールをやり取りした3ヶ月くらい後、当店に入店されました。

嬉しい事に現在も、頑張ってくれています☆

アナタからのお問い合わせ、お待ちしております☆

 

maru

根っこを変えるべし

maru

 

こんにちは MARUです^^

 

社内では犬を飼っているスタッフが多く

犬の話題になることが多いです。

 

先日も スタッフ北浦 pr80a_kitaura が

 

愛犬を しつけ教室に通わせている という話をしておりました。

 

僕の家にもワンちゃんがおりますが、粗相が多く

「しつけ」 にはちょっと興味がありました。

 

そこで北浦に

「しつけ教室に通わせると やっぱり犬の様子も変わるの??」

と聞いてみました。

 

 

すると 北浦から

「犬も変わりますが 何より 飼い主側が変わるんですよ」

との答えが。

 

 

なるほど!! 

 

 

 

そう考えると

僕のワンちゃんの粗相が多いのは 僕にも原因があるわけですね。

反省です。

しつけ教室 今度行ってみようと思います!

 

 

諸悪の根源を絶たないと 

枝先はいつまでも腐り続ける。

逆に言うと、

根っこの部分が改善されれば

いとも簡単に枝先で花開くわけです。

 

 

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

こちら

松井秀喜選手の座右の銘ですが

心ひとつで未来を変えられる ということです。

過去は変えられないけど、未来は変えられます!

 

もしアナタが今、

現状を少しでも改善したい!

悩みを解決したい!

未来のために準備をしたい!

そんな風に思っているなら、次は行動です。

是非とも、私どもにお気軽にご相談ください^^

 とりあえず質問してみる

未来を変える お手伝いをさせて頂きます^^

シミュレーション

maru

 

おはようございます MARUです^^

 

幼い子供は時に 

純粋で素朴な疑問を口にするため

単純だけど深い質問をしてくる事があります。

 

先日もこんな質問をされたんです。

 

息子 「海の水は なぜしょっぱいの??」

 

僕は何も考えずに、ぼ~っとした頭で

「それは塩が混ざっているからだよ」

と答えましたが、続けてこう返されました。

 

息子 「なんで、海の水には塩が入っているの?」

 

ここで初めて、ハッとして

(( おいっ!ここは真面目に考えないと ヤバい場面だぞ! ))

と、ぼ~っとしていた頭に 自分でムチを入れました。

 

ミッション その1

「海水はなぜ塩分が含まれるのか」を答える

ミッション その2

これを子供にわかるように説明しなければならない

 

・・・ やべぇ

 

 

とりあえず、必死に考えをまとめて

 

・石とか土には塩分が含まれいる事

・雨が降って地上の塩分を溶かして川を通じて海へ流れる事

・海の水が太陽で温められて蒸発して雨になる事

・蒸発するときは塩分は海に残される事

 

などを一つずつ丁寧に説明したのですが・・・

 

「なんで土や石には塩が入っているの?」

「なんで水は蒸発するの?」

「そもそも 塩はなんでしょっぱいの?」

 

なんて怒涛の質問が来たら、きっついなぁ と内心ヒヤヒヤしてました。

咄嗟に考えて答えてみたものの

子供には上手く伝わらなかったように感じまして・・・

めちゃくちゃ 落ち込んで 反省しました。

答えも正しいのかどうか、いまいち自信もなかったので

すぐさまネットやらで調べました。

 

なんとなくは合っていたようですが・・・

わかりやすく書いてある記述を見つけました。

 

10315

地球が誕生した46億年前、

そのころの地球は高温で表面はどろどろとしたマグマが辺り一面を覆い、

空には水蒸気や塩素ガスが被っている、火の玉のような姿をしていた。

 

⇒ 数億年という時間をかけて、ゆっくりと地球の温度が下がっていった。

Bt5aVEjIIAAuSGz

⇒ マグマが落ち着き、空の水蒸気が冷えて雨となり、塩素を溶かしながら地上に降り注いだ。

その水が窪地に溜まり、大きな水たまりになったのが、今の海の始まり。

 

⇒ このころの地球には、水に含まれている塩化水素を溶かした、

塩酸の酸性雨が地上に降り注いでいた。

この塩酸は、地上の岩石や土に含まれている「塩酸に溶けやすい物質」を溶かして、

川となって低いところへと流れていった。

この時に特に多く溶けたのが、「ナトリウムやマグネシウム」。

 

⇒ 塩酸はナトリウムによって中和され塩になった。

 

⇒ 塩を含んだ水はどんどんと低いところへと溜まっていき、

再び蒸発して空に上り、地上に降り注いで、地上の塩を集めて低いところへ流れた。

このように繰り返し繰り返し地上の塩が集められたことによって、

今のしょっぱい海が出来上がった。

siseidai-tisou

こんな風に書かれておりました。

大人にはわかりやすいですが

これを流石に子供に説明するのは・・・。 

どんなレベルで どんな伝え方で 対応すれば良かったのか・・・

あの瞬間あの質問に対しての正解は 何だったのか・・・

子供目線になるって とっても難しいです^^;

 

いざ質問されると答えに困る

 「当たり前になっている事」 はたくさんあります。

 

なぜ 朝起きたら おはよう と挨拶するのか

なぜ 血は赤色なのか

なぜ 大人にならないと髭が生えてこないのか

なぜ 痛みを感じると涙が出るのか

なぜ 夢を見るのか・・・

 

いつ子供に質問されても良いように 普段から考えておかないと^^;

 

アナタも 接客業に携わっているのであれば

お客様に咄嗟に何を質問されても困らないように

普段から考えておいた方が良いかもしれませんね^^

お客様は悪気なく唐突に 

単純だけど答えに困る質問をされる場合がありますから。

 

彼氏(旦那)はいるの?

住まいはどこ?

高校(大学)はどこ?

ホントの名前は?

なぜ この仕事をしているの?

 

プライベートに介入されるような定番な質問ほど

返答の加減が難しく、コミュニケーション能力が問われる部分

「女性によって差が出る」部分 だと思います。

 

 

アナタはお客様からの 定番な質問に対して

 

みんなと同じような 定番な返答をしますか?

一味違うスパイスの効いたオシャレな返答をしますか??

 

 

⇒ お問い合わせ&質問はコチラ

 

サードマン現象から

maru

 

こんにちは MARUです^^

 

先日、あるテレビ番組を見ていた時のことです。

その番組は 衝撃の瞬間 みたいな内容だったのですが・・・

 

 

お話しの一つに

「ある女性がダイビング中に方向を見失って、帰り道がわからなくなってしまい

酸素ボンベの量も底をつきかけ死に直面した瞬間に

数年前に亡くなった旦那さんが海中に現れ、帰路を示してくれて生還できた」

というオハナシがありました。

 

このような

『事故や災害において死に直面した人が、

どこからともなく現れた人物に導かれ、生還を果たす』

ような現象の事を

『サードマン現象』というのだそうです。

※サードマンとは  目に見えない第三者 の事を差すそうです

41Q7QXJya2L._AC_UL320_SR226,320_

 

僕は

「そんな事もあるんだねぇ」 なんて

のんびりと、テレビを見ていたのですが

一緒に見ていたワイフがボソッとこう言ったんです。

 

ワイフ

「亡くなった人からはハナシが聞けないわけだから。

現れた人物の導きに従って、逆に亡くなっちゃった人もいるかもしれないよね?」 と。

 

 

・・・

(なるほど!)

 

コレを聞いた僕の眠りかけの脳は、

一瞬にして叩き起こされた感覚になりました。

 

 

『事故や災害において死に直面した人が、

どこからともなく現れた人物に導かれ、生還が果たせなかった

このケースもあるかもしれない  と。

でも当人が亡くなってしまっているので、

このケースは証言を得る事が不可能だ  と。

 

 

 

【接触する事のできない人からの意見は聞けない】

 

似たようなケースが私生活でも仕事でもあるなぁ なんて

ちょっと考え込んでしまいました。

 

 

お店のことで考えてみると・・・

 

 

お店の女性に

「そろそろ季節も変わる事だし、写真を更新しませんか?」

といった提案をすると

「接客したお客様からは すごく好評なんです」

と言って更新を渋られる場合があります(笑)

 

しかし、この事は至極当然なんです。

 

その意見をくれたお客様は、

今の写真を見て「凄く良い」と思ったから指名をしてくれたワケです。

今、指名を頂いているお客様からのご意見は

全て「今の写真が良い」といったものになると思います。

 

写真を見て、思うところがあって

指名をしてくれなかったお客様の声は聞けないワケです。

 

 

写真を更新すれば、今までとは少し違った別の印象に変わり

新たに「凄く良い」と思って指名してくれるお客様が増えるハズです。

写真更新には 

「まだ見ぬ指名を貰っていないお客様との出会い」の幅を広げる効果 があるんです。

 

聞こえてこない声 に耳を傾けない限り

更なる向上は遠のくのではないか と思います。

 

こんな事を考えて接客に臨むことで、

リピート力が更にアップするんじゃないかなぁ なんて思います^^

tmtm196

 

 

犬派? 猫派?

maru

 

こんにちは^^MARUです

 

先日、スタッフみやもん が とうとう犬(虎鉄)を飼いました。

 

犬よりも まず  彼女をつくれ とあれほど言っ・・・

虎鉄2-225x300

まぁ これからは 

未来の彼女に注ぐ為に貯めておいた愛情を

この虎鉄が全面に受けて育っていくわけですね。

この虎鉄がキッカケで彼女が出来る・・・かもしれない か

 

 

今、

会社のスタッフの 半数くらいの人が

 を飼っています。   みんな寂しいんですかね^^;

そして、なぜか圧倒的に

犬 派

の人が多いです。

 

 

僕は を飼っているのですが、個人的な意見として

の方が飼いやすい!! と

みんなに熱弁しているのですが・・・

やはりミヤモンは  を選択しました  WHY?!

 

 

ももちろん、すっごい可愛いのですが

家を空ける事が多い一人暮らしの人なら 

それほど手が掛からない  がオススメ!

 

トイレの躾も不要  習性だけでトイレ内でちゃんとします。

トイレを外す事は滅多にありません。

お風呂に入れる必要もありません  常に無臭です。

爪とぎ だけ多めにしっかり設置すれば

壁でガリガリ なんて事はしません。

餌だけ置いておけば、小旅行くらいなら行けます。

 

 

デメリットというか、困った事があるとすれば

・成長期に歯が痒くてコードをかじる時期があった事(防止用のおもちゃがあります)

・オシッコはメッチャ臭い(部屋に臭いが広がる事はありません)

・毛玉を定期的に吐く

・爪は定期的に切ってあげないと 凶器になる

・ソファーやら洋服に毛がつく(コレが最大の悩み)

 

・・・ あれ  けっこう出ますね^^;

 

でもでも 良い部分困る部分 それぞれありますね

要は どっちが好きか って事でなのでしょうか^^;

 

 

僕は根が ドM気質 なので

も大好きなのですが 

ツンデレ な猫ちゃんの方が性に合っているのかもしれません。

o0800107112492836555

1200x800_C_05

 

犬派 の人もいれば 猫派 の人もいます。

過去の経験やら動物的感性やらによって

どちらが好きか 分かれるのかもしれません。

 

 

犬派の人に 猫の良さを伝えたところで

猫派に変わる可能性は 極めて低いと思います。

 

しかし 猫  好き に変わる可能性は高いと思います。

 

猫の良さを上手に伝えて、実際にその良さを目の当たりにすれば

猫  好き に変わるかもしれない。

 

 

これは この業界でも良く起こっている現象の一つです。

 

女性のタイプや好みのジャンル男性によってそれぞれです。

でも、男性(お客様)は時に

タイプや好みのジャンルから逸れている女性を 本指名する事があるんです。

それは

犬派の人が 猫  好き に変わった事と同じような原理なのでは?!

 

 

全ての男性(お客様)が 自分と相性が合う なんて事はありません。

寧ろ、合わない男性(お客様)の方が多いかと思います。

 

男性(お客様)を 無理に猫派に変えようとしないで

猫  好き になってもらうようにするだけで

本指名が今より多く取れるようになるかもしれませんよ^^

 

 

 

しかし、

猫  好き

になってもらうには どうすれば良いのでしょうか?!

その方法に興味がありませんか?

 「お話しを聞いてみるだけ」でも大歓迎ですよ^0^

   興味があれば、まずはコチラをクリック!!