遊びこそ豊かな学び

maru3

 

こんにちは^^MARUです。

先日、子供を連れて公園にいった時に見かけた ひと場面です。

 

そのうち 子供たちが かくれんぼ をはじめました。

1b4a2f40

僕はベンチに座ってスマホをいじっておりましたが

子供たちの声が 自然と耳に入ってきます。

 

 

「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10! もーいいかーい?」

「まーだだよ」

・・・

「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10! もーいいかーい?」

「まーだだよ」

・・・

「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10! もーいいかーい?」

「まーだだよ」

・・・

 

隠れるのに少々時間が掛かっている様子です。

 

 

 

すると、鬼の子供が こう言ったんです。

 

「隠れ終わったら もういいよ って言ってー!」と。

 

 

そして

静かに目をつぶりながら

数える事をやめて

「もういいよ」の声を待ったのです。

 

僕は

すごい!幼稚園児ながらに効率化をはかったな! と感動しまして

子供たちの かくれんぼ に興味津々になりました。

self-intro3

 

たしかにこの場合、

「もういいよ」と言われるまでは 結局

鬼は目を開けて探しに行くことはできないわけですから。

10数えるのは意味がない と。

「まーだだよ」を何度も言わせるのは不必要 だと。

子供ながらに感じたのでしょうね^^

 

 

子供たちは 遊びの中からも 多くの事を学んでいるんだな とあらためて感じました^^